支配のない世界は可能だ

Natural World

5 star movement Basic Income

唯一の解決策としてのユニバーサル・インカム

2019/3/21

ベッペ・グリッロ - 私は2007年にボローニャでムハンマド・ユヌスに会った。信じられないほど多くの人々の命を救った真のエコノミスト。偉大な学者で2006年のノーベル平和賞の受賞者、彼は発明家で、現代のマイクロクレジットを創った人、それは、貧しすぎて、伝統的な銀行の経路から信用を得られない起業家を対象とした小規模融資のシステムだ。彼のおかげで、乞食でさえ信用を得ることができた。そして彼らはいつもお金を返した。85,000人の乞食はムハンマド・ユヌスのグラミン銀行の尊重される顧客であり、彼のおかげで自分たち ...

ReadMore

5 star movement

ベッペ・グリッロ 来日します

2019/3/21

来日します。 このコメディアンの歩みを知ると、誰もが驚き、未来に大きな希望を見つけるでしょう。 1986年、公共放送の番組で原発の国民投票について発言し、政権の汚職を批判したベッペ・グリッロは、番組のディレクターはもちろん、時の総理大臣の逆鱗に触れてテレビに出演できなくなります。 90年代、イタリア各地でスタンド・アップ・コメディーのショーを展開、会場には大勢のファンが詰めかけ、ロックスターが来たような盛り上がりを見せます。ショーでは、政治の風刺をするだけでなく、環境問題や先進テクノロジー、サスティナブル ...

ReadMore

5 star movement Basic Income

マーティン・ルーサー・キングのユニバーサル・ベーシックインカム ベッペ・グリッロのブログ

2019/3/21

A. Rosanna - マーティン・ルーサー・キングはアメリカの公民権運動を主導し、非暴力的な市民の団結と不服従の価値を説いたことで記憶されているが、キングが人生の最後に向けて取り組んだのが、ユニバーサル・ベーシックインカムであることは誰も知らない。 1968年の初めに、マーティン・ルーサー・キングは国の首都で大規模な抗議行動を計画した。彼は勇気をもって重要なデモを指揮した。セルマからアラバマまで投票権をさけんだ。キングは他に言うべきことがあると感じた。投票がどのような権利か、誰も奪うことができない、生 ...

ReadMore

5 star movement Direct Democracy

提案型の国民投票:公共機関と市民の間の新たな契約 五つ星運動のブログより

2019/3/21

提案型の国民投票に関する憲法案の最初の判断の承認を得て、イタリアは公共機関と市民の間の新たな契約の基礎を築きます。この改革は、人々が法の作成に直接参加することを可能すると同時に、国会の中心性を再確認できるでしょう。それは私たちのデモクラシーにとって歴史的な日です。 私たちはこの数ヶ月、この基本条項の承認を導いた仕事に誇りに思っています。それは、憲法がすべての人のものであるという信念の下、耳を傾け比較するという私たちの意思を示して、反対者が出した修正を統合し、バランスの取れた法律です。この改革に反対してきた ...

ReadMore

5 star movement Direct Democracy

イタリアのダイレクトデモクラシー改憲

2019/3/21

いよいよイタリアでも市民が直接法律をつくれるようになる!! 国会議員の定数345名の削減に続いて、いよいよイタリアの憲法に直接民主条項が盛り込まれそうです。人口6000万人の主要先進国が国レベルでの市民イニシアチブを導入する。世界のデモクラシーの発展にとって、まさに金字塔とも言える出来事でしょう。 現行のイタリア共和国憲法では、75条に国民投票の規定があります。そこでは法律、もしくは法律に相当することについて50万の署名があれば廃止の国民投票ができることになっています。税、予算、恩赦、条約に関する投票は除 ...

ReadMore

5 star movement Basic Income

イタリアのベーシックインカム

2019/3/21

イタリアでベーシックインカムが導入されたの?と言う話がチラホラ聞こえてきますが、その具体的な内容が平島幹さんのブログに詳しく書いてあるので、ご覧ください。ベーシックインカムは、UBI(ユニバーサルベーシックインカム)と言われることが多く、その本来の趣旨は、社会生活を送られる同一金額を無条件にすべての人に支給することです。イタリアで導入されたのは、最低所得保障で、彼らはそれをベーシックインカムと呼んでいます。ベッペ・グリッロは、ブログでエノ・シュミットさんのBIの映画を紹介し、「2人でローマ法王にBIのプレ ...

ReadMore

no image

Natural World

船井幸雄さんの想い出

2019/3/21

こないだ台湾から帰って、ちょっと高揚してたら、船井幸雄さんのことをふと思い出しました。亡くなってもう5年? エピソード書き残そうと思います。 晩年は原因不明の病に苦しんでいましたが、熱海にお邪魔した時に、ふとこう言います。 「本来の役割を離れて余計なことばっかりやってるから、こんな目にあったんだ」 どうしても抜けられないんだな、って私の目には映っていました。 会長は亡くなる直前、スピリチュアルを全否定する発言をした。勝仁さんは「これを一番喜んでいるのは、高島さんと佐々木だと思う」とどっかでスピーチしてまし ...

ReadMore

Basic Income Monetary Reform

2019/3/21

「中央銀行によるベーシックインカム」のイニシアチブのテキスト案、ソブリンマネーのシモンにまず書いてもらおうと思ったのですが、忙しいというので私が書いてみました。スイスの直近2回のお金にまつわる国民投票(ベーシックインカムとソブリンマネー)のテキストをベースに新しい経済原則を加えて、誰にでもわかるようにシンプルにまとめてあります。世界のどこでも国民投票にかけられるよう(国レベルの市民イニシアチブが必要だけど)、これを土台にまずはスイスに行って意見集約して、それから世界の有志でさらにディスカッションを重ねて集 ...

ReadMore

5 star movement

ベッペ・グリッロのテレビ追放

2019/3/21

『グリッロはいつも夕暮れに唄う』の中に、巷で言われるベッペのテレビの追放劇が細かく語られていました。原発の国民投票も絡んでいたんですね。今の日本とすごく似ていてかなり笑えます。なお、RAIはイタリアの国営放送、クラクシは当時の首相で、長く職にいたけど、最終的には汚職で国外逃亡して終わっています。 (ベッペ・グリッロ BG) 彼らは愚かだった。私がテレビで社会主義者の泥棒についての陳腐な冗談を言った時の愚かなクラクシのようで、彼は腹をたてて夕方のニュースで私を攻撃した。「社会主義者を攻撃するこのコメディアン ...

ReadMore

5 star movement Basic Income Monetary Reform

人間を解放する通貨システム

2019/3/21

「ベッペ・グリッロは50年先が見えているような人なんだ」とリカルド・フラカーロがパーティで立ち話をしているときに言ってました。その足跡を知れば、歴史的に稀有な巨人であることは誰もが納得するでしょう。 彼の本の翻訳を進めるうちに、内容は多岐にわたっているんだけど、通貨システムについても語っていて、なかなかシンクロ感があります。面白い。 「マネーの本当の所有権には法的な空白がある」と言ってます。そう、そのブランクをどう埋めていくのか? スイスのソブリンマネーの市民イニシアチブは、史上初めて、中央銀行の役割を市 ...

ReadMore

Copyright© Natural World , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.