ソブリンマネーに関するロイターの記事

チューリヒ3月22日(ロイター)アクティビストのグループは、木曜日にスイスでキャンペーンを開始し、最小限の準備という要件に基づいた伝統的な銀行貸出を廃止し、通貨供給を経済循環の現金に限定することを目的としている。

マネタリー・モダニゼーションは、スイス国立銀行(SNB)を貨幣供給の唯一の決定権者にしたいと考えており、その提案はスイスのダイレクトデモクラシー制度に基づいて11万の署名を上回る請願によって6月に国民投票にかけられる。

彼らは、商業銀行が融資を行うたびに通貨を創造する現在の制度は、供給全体のほんの一部の準備によって担保されているため、不安定であると述べている。

この提案では、銀行はすでに存在する通貨を貸し出すことしかできないだろう。

支持者たちは、この計画が、スイスの銀行システムをより安全にし、資産バブルを回避し、銀行倒産のリスクを減らすと述べている。

「融資に利用可能な金額が少なすぎる場合、国立銀行に要求すればよいのです。それで、どれだけの金額を金利をいくらで提供するかを決めるでしょう」とキャンペーンメンバーのエマ・ドーネイ氏は言う。

SNB、議会、政府はこのスキームに反対している。

SNBのトーマス・ジョーダン会長は、この提案を採択すれば、経済は「極端な不確実性」に陥るだろうと1月にいった(レポート:ジョン・レヴィル編集:ジョン・ストンストリート)

 

原文は

https://www.reuters.com/article/swiss-sovereign/swiss-group-aims-to-limit-bank-lending-in-real-money-campaign-idUSL8N1R45PK

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です