支配のない世界は可能だ

Natural World

5 star movement Basic Income

マーティン・ルーサー・キングのユニバーサル・ベーシックインカム ベッペ・グリッロのブログ

更新日:

A. Rosanna - マーティン・ルーサー・キングはアメリカの公民権運動を主導し、非暴力的な市民の団結と不服従の価値を説いたことで記憶されているが、キングが人生の最後に向けて取り組んだのが、ユニバーサル・ベーシックインカムであることは誰も知らない。

1968年の初めに、マーティン・ルーサー・キングは国の首都で大規模な抗議行動を計画した。彼は勇気をもって重要なデモを指揮した。セルマからアラバマまで投票権をさけんだ。キングは他に言うべきことがあると感じた。投票がどのような権利か、誰も奪うことができない、生まれながらにもつもの、同じように、一日に三食を食べる権利、まともな家を持つ権利もあった。当時、それらはすべて達成不可能と思われた権利だったが、今日では普通だ。

キングは、しかし、ポケットにいくらかの余分なお金をもつ権利についても語った。これはあなたが望むならステーキを買うことを意味し、子供たちを教育できること、愛する人を治療できること、歯医者に連れて行けることを意味する。それは多くの妻が、朝起きて白人の婦人のキッチンに走っていって掃除、洗濯、服従を始めないことを選ぶこと意味した。それは別の時間、別の文化コードで、別のニーズだった。しかし、問題は同じままだった。キングは仕事と収入を確保するキャンペーンが必要だと感じた。

ポイントはシンプルだった。アメリカには貧困が多すぎた。だからそれは1968年の「貧しい人々のキャンペーン」に命を与えた。アメリカのすべての貧しい家庭のために保証された収入を要求する最初のキャンペーンの1つだった。

今日、ユニバーサル・ベーシックインカムという考えはますます一般的になっており、キングの主張は50年後も良い例であり続けている。

晩年、キングは貧困問題の解決に焦点を当ててきた。問題はアフリカ系アメリカ人だけではなく、むしろ全人口に影響する一種の「呪い」のようだ。実際、キングは貧困という病気は白人人口の3分の2に影響を及ぼしていることを思い出させた。1968年の「貧しい人々のキャンペーン」で、彼は政府がすべての貧しいアメリカ人家族に基本給を提供する貧困対策プログラムを作らなければならないと主張した。

彼の計画どおり何千人もの人が抗議して行進し、ワシントンにテントキャンプをつくる数ヶ月前、キングは1968年4月に暗殺された。

今日、所得格差の拡大と継続的に仕事を奪う技術の進歩に伴って、ユニバーサル・ベーシックインカムを確立するという考えが一般的になった。

イーロン・マスクからリチャード・ブロンソン、ビル・ゲイツからマーク・ザッカーバーグまで、彼らは現在のシステムが機能しないことを繰り返し見てきた。 マーティン・ルーサー・キングがユニバーサル・ベーシックインカムを支持する理由は今も変わっていないので、これはさらに驚くべきことだ。

1967年に、キングは持続不可能な社会、貧しい人々が住む社会では公民権が維持できないことを示唆した。彼はアメリカの資本主義が決して貧困を撲滅できないことを知っていた。彼は、すべての貧しい人に平均的な給料を支給するという提案は決して検討されないと気づいていた。当時(しかし今も)、経済的な地位は、個人の能力、才能の尺度と考えられていた。

今日、たとえ私たちが人間の動機と私たちの経済システムの機能を理解するのに長い道のりを歩んできたとしても、貧しい人々は依然として劣っていて無能だと分類されている。矛盾の中にいる。世界経済は成長しているが、失業者も増えている。マシンがコマンドに応答しなくなったかのようだ。当時のキングのユニバーサル・ベーシックインカムに対するビジョンには、おそらく、働いていない人にお金を払う政府は含まれておらず、むしろ社会のために十分な雇用を創出する政府があったことは明らかだ。

問題はまだ存在している。完全雇用を創出しなければならないのか、それとも収入を創出しなければならないのか?人々はどちらかの方法で消費者になる必要があるだろう?

おそらく、貧困の解決策は一番単純だ:直接なくすこと。

原文はこちら

-5 star movement, Basic Income
-, ,

Copyright© Natural World , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.