イギリス:主要な労働組合連合がUBIを支持

昨年9月のBIENの記事を全訳しました。これまでほとんどの労働組合はベーシックインカムに対して反対してきましたが、これはまさに大転換です。この動きに呼応するようにイギリス労働党も次回総選挙に向けてベーシックインカムをマニフェストに盛り込む方向で動き出しています。


8106447065_5a08eb8a5b_z-420x280.jpg 


イギリスで約600万人の労働者を代表する労働組合の連合であるトレード・ユニオン・コングレスは、ベーシックインカムを支持する提議を可決した。

 

これまでベーシックインカム・ニュースで発表されたように、トレード・ユニオン・コングレス(TUC)は、911日から14日まで開催された第148回年次総会でユニバーサル・ベーシックインカムを支持する旨の議決を行った。

 

TUCは英国の労働組合の連合体であり、現在51の組合と合計580万人の労働者を代表している。

 

UBIの成功した提議の全文は次のとおり。

 

ユニバーサル・ベーシックインカム

 

コングレスは、「ユニバーサル・ベーシックインカム」の考えの人気が高まり、さまざまなモデルが世界中で議論されていることを指摘する。コングレスは、貧困と不平等に取り組む一環として、人々を対象とした現代社会保障制度の再構築の必要性を認識している。

コングレスは、TUCが、包括的な公的サービスと育児支給を補完して支払われるユニバーサル・ベーシックインカム・システムのベースを組み込んだ漸進的な制度を主張すべきだと考えている。

コングレスは、このようなシステムは、ますます懲罰的で受給者に批判的に使われている現行のシステムよりも、管理が容易で人々を案内しやすいと考えている。制裁の実施は些細な理由で人々を貧困に追いやる。

コングレスは、住宅危機が解消されるまで住宅コストの高い低所得者を支援するための補助給付が必要であり、障害者には常に補給給付が必要であると認識している。

現在のシステムからこれらの原則を組み込んだ新しいシステムへの移行では低所得者がにより良くなるべきだ。

コングレスは、私たちの社会保障制度は、強い労働組合や雇用権、確実で相当かつ適正な賃金労働という私たちのアジェンダと並行して機能しなければならないと考えている。

 

この運動は、711日にベーシックインカムを支持する動きを受けたイギリス最大の単組であるユナイトによってTUCに導入された。

 

ユニゾンと地域部門委員会で成功した運動を担ったユナイトのメンバーであるベッカ・キークパトリックは、TUCの決定について言った。

 

この重要な決定は、UBIの望ましいレベル、資金調達の仕方、そしてそれが進歩的であることを保証するための追加の政策についての組合間の議論の始まりにすぎません。しかし、最も重要なことに、働く人々が会議室で運動を通過させることで大きな社会の変化をおこすことはこれまでにありませんでした。私たちは、私たちの望むベーシックインカムの本質、未来の本質を見いだすために、強力な運動を組織して構築しなければなりません。


原文は

http://basicincome.org/news/2016/09/uk-major-trade-union-federation-endorses-ubi/

欧州議会、ベーシックインカムの検討を促す提案を拒否

BIENの記事の全訳です。否決されたものの欧州議会でベーシックインカムを支持する人がこれほど増えているというのは画期的です。あと少し。


オートメーションの影響に対処するための20172月の投票で、欧州議会はベーシックインカムの検討を推奨する提案を拒絶した。


16582050707_cd6b4be5c4_z-420x280.jpg 


これまでベーシックインカム・ニュースでに報道されているように、欧州議会の法務委員会は、人工知能とロボット技術の規制、経済的および社会的影響に関する報告を含む草案を作成した。

 

欧州委員会に対する他の多くの提言の中で、その報告は「ロボット工学とAIの労働市場への影響の可能性に照らして、一般的なベーシックインカムを真剣に検討すべきである」と述べ、すべてのEU加盟国がそうすべきとした。同報告書を執筆したルクセンブルグ選出の欧州議会(MEP)の社会党議員であるマディ・デルヴォーは、個人的にはユニバーサル・ベーシックインカムを支持していると述べている。しかし、この報告書は、それを裏付けるものではなく、検討することを提案しただけである。

 

欧州議会は、2017216日に法務委員会の報告書に投票した。この投票は、技術政策に関して欧州委員会に提出される勧告を決定した。

 

ベーシックインカムを「真剣に検討する」という勧告は、最終報告書に含めることを拒否され、328人の議員が勧告に反対し、286人のMEPが支持、8人が投票を棄権した。

 

無条件ベーシックインカム・ヨーロッパ(UBIE)副議長のダニエル・フェアは、その結果によって落胆したが、希望の光を見た。

 

保守党と自由党は、基本的な収入に関するオープンな議論を恐れているように見えるのは恥ずかしいことです。ポジティブな面では、議員のマディ・デルヴォー氏がこの問題を提起し、欧州議会でのベーシックインカムに関する最初の真剣な議論を呼び起こしたことに感謝しています。この報告書を担当する欧州議会の法務委員会は、草案の文章においてユニバーサル・ベーシックインカムを支持しました。投票は氏名点呼で行われたので、私たちは提案を支持した人物を知っており、これは将来的にロビー活動のためのより強力な基盤になります。ベーシックインカムの議論を確実に進めていきます!

 

検討のために提起され議論の的になった他の論議的な勧告には、ロボットによって行われた作業に対する課税も含まれ、これも否決された(302288、棄権22)。

 

EurActiv.comによると、「議員の過半数は、議論の余地がある税金の導入について議論する代わりに、報告書に含まれる主な要素の1つである責任問題について、この段階で焦点を当てたがっている。 立法者は、ユニバーサル・ベーシックインカムの代わりに、新しい雇用への移行を促進するための支援プログラムに賛成した」。


原文は

http://basicincome.org/news/2017/02/european-parliament-rejects-proposal-encourage-considertation-basic-income/

イギリス労働党とベーシックインカム

BIENの2月10日付の記事を全訳


イギリス:労働党がUBI調査のための作業部会を設置


McDonnell-e1486670173157-420x214.jpg 


イギリスの国会議員で影の財務大臣のジョン・マクドネルは、労働党がユニバーサルベーシックインカムを調査するためのワーキンググループを設立したことを明らかにした。 BIEN(ベーシックインカム・アース・ネットワーク)の共同設立者であるガイ・スタンディングは報告書の作成に重要な役割を果たす。

 

スタンディングはベーシックインカム・ニュースに直接話している。

 

「私は労働党、特にジョン・マクドネル影の大臣(事実上、野党の財務大臣)の経済顧問に招かれた。彼は私に、ベーシックインカムの枠組みに関する詳細な戦略報告書を準備し、労働者のリーダーシップが、労働者の長期的経済戦略の一環としてベーシックインカムを実施する計画を提示できるように依頼した」

 

インディペンデント誌とのインタビューで、マクドネルは、労働党がこの報告書をイギリスをまわるツアーのベースとして使用し、この構想を一般市民と話し合う予定であると説明した。インタビューでマクドネルは、現在のベーシックインカムと1975年の導入前の普遍的かつ無条件の児童手当の概念との間の類似点を強調する。

 

「私は何年も前の児童手当の制定に関する初期のキャンペーンに携わっていました。その時点で、必要性の評価に基づかないですべての人に給付をするべきか、あらゆる不安がありましたが、我々は議論に勝ちました。私は児童手当は将来のベーシックインカムの布石のようなものだと思っています」

 

この進展は昨年9月の労働党党首のジェレミー・コービンの「党はベーシックインカムを研究する」という発表をフォローし、マクドネルはその年の早い時期にこの政策について好意的な発言をした。

 

国会議員で財務省の影の経済長官、シティ大臣であるジョナサン・レイノルズがワーキング・グループのリーダーとして指名されたが、彼は、最近鋭く分裂している党で自身を中道と位置付けているので政治的に精通している。彼は昨年2月にニュー・ステイツマンにベーシックインカムを好意的に書き、とても好評な国家保健サービス(NHS)のモデルを踏襲することで国家福祉に対する国民の支持が強化されるという点を強調した。つまり 「すべての人に何かを提供すること」を確かにして

 

ベーシックインカムのワーキング・グループは、2020年に予定されている次の総選挙の前にその成果を発表する予定である。労働党は現在、世論調査でリードする保守党に遅れをとっているが、2015年にコービンをリーダーに選出して以来、少なくともそれは党内の分裂が原因ではない。ブレグジットの予期せぬ影響を考えると、英国の政治情勢は現在非常に不安定である。しかし、ベーシックインカムが何らかの形で労働党の選挙マニフェストに含まれる可能性があるという兆候は重要である。


http://basicincome.org/news/2017/02/uk-labour-party-ubi-working-group/

韓国大統領選挙とベーシックインカム

BIENの2月8日付の記事を全訳


韓国:新しい大統領候補がユニバーサル・ベーシックインカムを公約する


Lee-Jae-myung.jpg 


2016129日、韓国国会は朴槿恵(パク・クネ)を、生涯の友人である崔順實(チェ・スンシル)との汚職事件で弾劾した。弾劾のために韓国の次期大統領選挙は、201712月ではなく4月か5月に早く開催される予定だ。この不祥事の詳細が明らかになるにつれ、あまり知られていない大統領候補が世論調査で上昇してきている。李在明(イ・ジェミョン)城南市現市長。この都市はソウルの南東に位置し、京畿道の多くの自治体の一つだ。

 

2ヶ月で李市長は支持率18%のいわゆる「ダークホース」候補に浮上した。彼は大統領候補の中で3番目に人気がある。彼の上昇の最大の原動力は、朴代表の弾劾を主張する彼の迅速な行動による。朴槿恵(パク・クネ)を弾劾するように国会に要求した最初の大統領候補だった。李はまた、「韓国内」を含む強力な既得権益に対する明確なスタンスでも有名だ。

 

しかし、注目を集めるもう1つの重要な要素がある。彼の主なキャンペーンの公約は、ユニバーサル・ベーシックインカムを提供することだ。李市長は城南市に3年以上住んでいる24歳の個人に年間100万ウォン(約850米ドル)の配当を支払う青年配当政策を成功裏に実施した。この方針はユニバーサル・ベーシックインカムの考え方にその哲学的根拠がある。朴槿恵(パク・クネ)政権は、地域の青年配当政策の実施を阻止するためにいくつかの戦略を用いたが、李首相は最終的に彼の約束を果たした。

 

2866人の青年受給者の調査では、給付を受けた青少年の96.3%がこの政策に満足していることが示されている。満足感や感謝さえ感じる回答には、「青年配当をもらって、私は自信を得ました。これはお金よりも価値があります」そして「社会は私を初めて気にしてくれました」

 

李在明(イ・ジェミョン)は、第19代大統領選挙の立候補表明で、ユニバーサル・ベーシックインカム制度を全国レベルに拡大すると述べた。具体的には、就任直後に「ライフサイクル配当」と「特別配当」を提供する詳細な計画について概説した。

 

ライフサイクル配当は、0歳から12歳までの個人に子供配当、13歳から18歳までグループにティーン配当、19歳から29歳の青年配当、65歳以上の個人には老人配当。特別配当は、農家、漁民、障害者などの特定の国民を対象とする。年間配当額は、配当の種類にかかわらず、1人当たり100万ウォン(1人当たり874米ドル)に設定されている。李市長は、中央政府の予算を引き締めることで、総予算の約7%を占める28兆ウォンを配当政策に配分することが可能であると説明した。

 

また、李市長は新たに「土地保有税」を設定することで、155000億ウォン(136億米ドル)を確保すると約束した。彼は土地保有税からの収入は土地配当の源泉として使用されるべきだと主張し、それは韓国のすべての国民に年間30万ウォン(約255米ドル)の配当を提供する。この税金は不動産からのすべての賃料の一部を公的に徴収できるだけでなく、ユニバーサル・ベーシックインカムの考え方を実現するのにも役立つ。李は土地がすべての国民の共通の財産だと確信している。

 

実際、韓国は土地の「公共性」を高く評価する国だ。韓国の憲法第122条では、「国は、すべての国民の生産と生活の基盤となる土地の効率的かつ均衡のとれた使用、開発、保全に関連して、必要な制限と義務を果たすことができる」と述べている。過去に、政府がこの条項の精神に沿って政策を実施しようとしたとき、この国はいわゆる「トップ1%」という強力な既得権益からの多数の攻撃を目撃した。ほとんどの場合、政府はそのような政策から撤退しなければならなかった。しかし、李在明(イ・ジェミョン)は韓国の強力なエリートたちと戦い、この政策を成功裏に実行する能力と勇気を備えた候補者である。

 

ベーシックインカムに関する李市長の考え

 

李在明(イ・ジェミョン)のベーシックインカム政策は、2つのベーシックインカムの構想を結びつける.1)国は、すべての市民の実質的自由を確保する責任がある。 2)土地、天然資源、環境、知識は、社会のすべてのメンバーが共有すべき共通の財産である。これらの理由から、彼のベーシックインカム政策は、特に配当額の点で、プラスの見通しと成長の余地があると考えられている。 したがって、世界のユニバーサル・ベーシックインカムの支持者は、韓国の李在明(イ・ジェミョン)に注目すべきである。

 

李市長が次期大統領に選出され、ベーシック・インカム政策に関するキャンペーンの約束を果たしたならば、現在の所得や富の不平等、不公平な競争、不動産投機など韓国社会を脅かす多くの問題に取り組むことができるだろう。 そうすれば、韓国は包括的な成長の道を歩むことができ、最終的には公平で平等な社会につながるだろう。

 

http://basicincome.org/news/2017/02/korea-new-presidential-candidate-lee-jae-myung-promises-universal-basic-income/

ブノワ・アモンのベーシックインカム

2016年10月22日付けのBIENの記事を翻訳します。


フランス:社会党の予備選候補のブノワ・アモンがUBIをキャンペーンのキーの提案にする

 

benoit-420x277.jpg 


イヴリーヌ県選出のフランスの国会議員であるブノワ・アモンは、無条件ベーシックインカムを社会党(PS)の予備選キャンペーンのキー要素としている。

 

緑の党のすべてがベーシックインカムを支持しているが、アモンはこのアイデアを積極的に支持している唯一の社会党候補だ。

 

レ・エコ(Les Echos)の記事で、アモンはUBIを主張する主な理由のいくつかを示している。

 

「何千人ものフランス人が、厄介で不安定な仕事のために身体的、精神的な健康を犠牲にしなければならないということは受け入れられません。移行が必須であり、野心は大きい。将来、市民は長く続く不確実性から解放され、代わりにモビリティを選ぶことができます。将来、経済的および社会的に有用なすべての仕事のあり方は、一人の従業員または賃金労働を超えて、認識され評価されます。個人の価値と尊厳に対する権利は、GDPへの貢献に紐づけされないでしょう」

 

それに関連して、アモンは職業病としての「燃え尽き症候群」の認知運動を行っている。 「社会的対話と雇用に関する法律」は、昨年、このように燃え尽き症候群を初めて認め、アモンはさらに進歩することを望んでいる。

 

2016年、フランス人の20%が燃え尽きようとしていると言い、賃金労働者の70%は気づいていません」

 

また、UBIに関する彼の主張では、アモンは仕事の機械化の増加による失業リスクを強調している。彼が彼のウェブサイトで指摘しているように、

 

「欧州では、2000年から2010年にかけて、新技術の直接的な影響の下で760万の雇用が消滅した」

「労働力の10%が失業しているが、2025年までにフランスではデジタル化で最大300万件の雇用が失われる可能性がある」

 

さらに今日、フランスでは、15歳から24歳までの24%の人が失業している。 「若者は...もはや不安どころではないはず」とアモンは書いている。

 

アモンは、すべての成人に個別に無条件ベーシックインカムを分配することを提案している。彼は、「すべての市民が公共生活に参加して生活するのに十分な収入を得るために、その金額と資金は定期的に調整される」と述べた。

 

Benoit_Hamon-420x420.jpg 

アモンの内訳

 

アモンが提案するUBIプログラムの主な特徴は次のとおり。

 

すべての成人は月額750ユーロを受け取る。 これには年間3000億ユーロのかかる。 UBIは、住宅補助金180億ユーロ、社会福利費230億ユーロ、家族給付53,000万ユーロと一緒に存在する ベーシックインカムを強化し、フランスの社会的保護を減らすべきではないという理論的根拠がある。

 

アモンは税制改革を通じてベーシックインカム資金を調達する予定だ。所得税を個別化して240億ユーロ、税金逃れを塞いで840億ユーロ、脱税と戦うことで800億ユーロを見込んでいる。 彼はまた、他の適切な課税に加えて、富とデジタル技術に課税することを推奨している(彼は現在グーグルから16億ユーロの滞納税を要求しているフランス税務当局の例をあげている)。

 

ハモンは、富の概念、個人の価値、仕事の価値を経済(GDP)から社会的、文化的、教育的なものに変えたいと考えている。

 

9月の世論調査では選挙で投票しようとしている人の14%と16%がアモンを支持している。 社会党の大統領予備選挙は2017122日に開催される。

 

1018日、アモンは、コーヒーやドリンク付きの大きな対話集会に人々を招待した。アモンのキャンペーンは、フランスのUBIへの関心の高まりの一部だ。例えば、フランスの首相は、最近、ベーシックインカムに関する議論の扉を再び開けた。


http://basicincome.org/news/2016/10/france-socialist-primary-benoit-hamon/

プロフィール

ささきのコジロー

Author:ささきのコジロー
商社・コンサルタント会社・デベロッパー・環境団体・政党などをわたって会社つくりました。少し物書きもしてるだワン!

最新記事
カテゴリ
レファレンダム・イニシアチブ
e-book
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR