エノ・シュミットさんをお招きして

EnnoSchmidtForum.jpg 

本当に多くの方々のご協力で、想像をはるかに超えて有意義な滞在になったこと、まずは、ありがとうございました。

 

2週間の滞在期間中、寝食を共にすることも多く、接している中でなるほどと思うことが多々ありました。史上初のベーシックインカムの国民投票を実現するというのは、最初のインスピレーションだけじゃなく、本当に考えつくされたプロセスを歩んできたのだと理解できました。彼のキャンペーンの基本方針を聴いたなりにまとめると、

 

・ひとつの至高の目標を掲げて、他のことと混ぜない。

・最高の価値を最高に美しく表現する。感情的にではなく。

・結論を言わない。良い問いを投げかけて深く考えることを促す。

・何も攻撃しない。

・恐れをもたない。

 

中でも、一番面白いと思ったのは、

「意識を向けるとそこがエネルギーをもつ。貧困をなくそうっていうと貧困は増える。カネモチがけしからんというとカネモチが力をもつ。だから、そこに視点を向けるんじゃなくて、至高の価値に意識をおく」

 

ディスカッションに参加する中で改めて理解したのは、ベーシックインカムが実現した社会というのは、個人の意識、価値観、生き方から家族、社会のありかたまで根本から全部変わるということ。それは間違いなく今よりよりヒューマンで素晴らしいものになるにちがいないけど、実際にどうなるかは分からないことばかりだということです。

 

折しも、取引先の社長と会食する機会があって、近況報告がてらベーシックインカムのことを話してみると、いろいろ想像を巡らせて言います。

「もしそうなったら、どれほど素晴らしいだろう。誰もが、おカネを気にしなくて何かに没頭できれば、必ず何かいいものを生み出せる。会社の経営だってどれほどやりやすくなることか」

 

日本では政治の話はある意味タブーになっているので、取引先の人とはなるべく話さない方がよいだろうという配慮が私の中にも多少あります。それが決して良い社会をつくらないことは分かっていてもです。でも、ベーシックインカムをきちんと話題にしてみると、とても深くて有意義な会話になる。シュミットさんの話を聴いて本当に多くの人が、この制度の意味を深く考えだし、多くの人がその素晴らしさに気づき、その実現に真剣に取り組みたいと思い始める。そういう光景を何度も見ることができました。本当に人間性の根幹にかかわるテーマで、深く心の中に響く。それは民族や環境にかかわらずどこに行ってもそうだとシュミットさんは言ってました。まさに人類の普遍的な価値なのです。

 

イタリアの五つ星運動は、eデモクラシーと言われるインターネットでのコミュニケーションと同時に、地域に根差すために、地域社会での口コミをとても重んじています。それはダイレクト・デモクラシーの中で何より重要なことで、とにかく政治的な話がタブー視されがちな日本でも、テーマがベーシックインカムだったら、本当に良いコミュケーションができる。ここから始めるのはとても良いに違いないと思います。そして、そのコミュニケーション・ツールとして、「よい問い」をまとめてみました。

 5 questions 

また、財源論も必ず持ち出されて多くの時間を費やしてしまいました。より簡潔に根本的な理解をえるために、以下もまとめてみました。財源の方法論や、今のシステムからの移行の方法論は、無数にあるので、原則を理解してあれこれ考え話し合うのも素晴らしいことだと思います。

 finance of BI 

 

今回は、特に直接民主制のすばらしさを訴えてほしいとお願いしていましたが、それをまとめる形で東京新聞が素晴らしい記事を書いてくれました。

(2017年5月15日(月)東京新聞22面特報「こちら特報部」より)

Tokyo Newspaper 

 

その他、各地の講演の様子を素晴らしくまとめてくれた人たちも紹介します。

皆さん、本当に最高の時間をありがとうございます。

 

かねがえゆきえさん

外山麻貴さん 外山さんのブログ

鈴木美歌里さん

野々山理恵子さん



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

C.H.ダグラスの国民配当

こんにちは。
Twitterの方では何度かツイートさせて頂きましたが、改めて、初めまして。

ベーシックインカムの財源論には、大きく分けて2つの方法が提案されていると思います。
一つは一般的に最も多く提案されている、税金等による 「所得の再分配」。
そしてもう一つは、通貨発行によるもの。
この内、通貨発行によるC.H.ダグラスの『国民配当』は、佐々木さんもご存知だと思います。

ダグラスの国民配当は、同じ通貨発行BI論の中でも非常に独特な論拠に基づいています。
普通、一般的には、エノ・シュミットさんの言われているように、「商品の価格はすべて誰かの所得」、つまり価格=所得、と考えられていると思います。
だからBIの財源はその所得の一部を無条件に再分配する… ということになると思います。
しかし、ダグラスの社会信用論の観点からはそれとは異なる状況があります。

そえは、おそらく佐々木さんもご存知のように、ダグラスのA+B理論を中心とした経済分析では、「私たち消費者の購入する商品の総価格は、私達の得る総所得よりも大きい」、つまり、価格>所得 となっているからです。
もしダグラスの経済分析が正しいなら、税金等による再分配を行ったとしても、価格>所得 という状況は変わりません。
この状況を解決させるために、ダグラスの通貨発行による『国民配当』は提案されています。

ただ残念ながらダグラスの価格と所得のギャップ理論は、正しく十分に理解されることが少ないようです。
そこでぜひ、佐々木さんに、以下のページの翻訳をお願いしたいと思っています。
ダグラスのギャップ理論には当時から多くの批判があったのですが、実はこれらの批判に的確に答えるこことが出来るようになる… ということを通して、実は本当の意味でダグラスの経済理論を正しく十分に理解することに繋がっていく… と思われます。

◆ Douglas's A+B Theorem
http://social-credit.blogspot.jp/2007/10/douglass-ab-theorem.html
プロフィール

ささきのコジロー

Author:ささきのコジロー
商社・コンサルタント会社・デベロッパー・環境団体・政党などをわたって会社つくりました。少し物書きもしてるだワン!

最新記事
カテゴリ
レファレンダム・イニシアチブ
e-book
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR