韓国大統領選挙とベーシックインカム

BIENの2月8日付の記事を全訳


韓国:新しい大統領候補がユニバーサル・ベーシックインカムを公約する


Lee-Jae-myung.jpg 


2016129日、韓国国会は朴槿恵(パク・クネ)を、生涯の友人である崔順實(チェ・スンシル)との汚職事件で弾劾した。弾劾のために韓国の次期大統領選挙は、201712月ではなく4月か5月に早く開催される予定だ。この不祥事の詳細が明らかになるにつれ、あまり知られていない大統領候補が世論調査で上昇してきている。李在明(イ・ジェミョン)城南市現市長。この都市はソウルの南東に位置し、京畿道の多くの自治体の一つだ。

 

2ヶ月で李市長は支持率18%のいわゆる「ダークホース」候補に浮上した。彼は大統領候補の中で3番目に人気がある。彼の上昇の最大の原動力は、朴代表の弾劾を主張する彼の迅速な行動による。朴槿恵(パク・クネ)を弾劾するように国会に要求した最初の大統領候補だった。李はまた、「韓国内」を含む強力な既得権益に対する明確なスタンスでも有名だ。

 

しかし、注目を集めるもう1つの重要な要素がある。彼の主なキャンペーンの公約は、ユニバーサル・ベーシックインカムを提供することだ。李市長は城南市に3年以上住んでいる24歳の個人に年間100万ウォン(約850米ドル)の配当を支払う青年配当政策を成功裏に実施した。この方針はユニバーサル・ベーシックインカムの考え方にその哲学的根拠がある。朴槿恵(パク・クネ)政権は、地域の青年配当政策の実施を阻止するためにいくつかの戦略を用いたが、李首相は最終的に彼の約束を果たした。

 

2866人の青年受給者の調査では、給付を受けた青少年の96.3%がこの政策に満足していることが示されている。満足感や感謝さえ感じる回答には、「青年配当をもらって、私は自信を得ました。これはお金よりも価値があります」そして「社会は私を初めて気にしてくれました」

 

李在明(イ・ジェミョン)は、第19代大統領選挙の立候補表明で、ユニバーサル・ベーシックインカム制度を全国レベルに拡大すると述べた。具体的には、就任直後に「ライフサイクル配当」と「特別配当」を提供する詳細な計画について概説した。

 

ライフサイクル配当は、0歳から12歳までの個人に子供配当、13歳から18歳までグループにティーン配当、19歳から29歳の青年配当、65歳以上の個人には老人配当。特別配当は、農家、漁民、障害者などの特定の国民を対象とする。年間配当額は、配当の種類にかかわらず、1人当たり100万ウォン(1人当たり874米ドル)に設定されている。李市長は、中央政府の予算を引き締めることで、総予算の約7%を占める28兆ウォンを配当政策に配分することが可能であると説明した。

 

また、李市長は新たに「土地保有税」を設定することで、155000億ウォン(136億米ドル)を確保すると約束した。彼は土地保有税からの収入は土地配当の源泉として使用されるべきだと主張し、それは韓国のすべての国民に年間30万ウォン(約255米ドル)の配当を提供する。この税金は不動産からのすべての賃料の一部を公的に徴収できるだけでなく、ユニバーサル・ベーシックインカムの考え方を実現するのにも役立つ。李は土地がすべての国民の共通の財産だと確信している。

 

実際、韓国は土地の「公共性」を高く評価する国だ。韓国の憲法第122条では、「国は、すべての国民の生産と生活の基盤となる土地の効率的かつ均衡のとれた使用、開発、保全に関連して、必要な制限と義務を果たすことができる」と述べている。過去に、政府がこの条項の精神に沿って政策を実施しようとしたとき、この国はいわゆる「トップ1%」という強力な既得権益からの多数の攻撃を目撃した。ほとんどの場合、政府はそのような政策から撤退しなければならなかった。しかし、李在明(イ・ジェミョン)は韓国の強力なエリートたちと戦い、この政策を成功裏に実行する能力と勇気を備えた候補者である。

 

ベーシックインカムに関する李市長の考え

 

李在明(イ・ジェミョン)のベーシックインカム政策は、2つのベーシックインカムの構想を結びつける.1)国は、すべての市民の実質的自由を確保する責任がある。 2)土地、天然資源、環境、知識は、社会のすべてのメンバーが共有すべき共通の財産である。これらの理由から、彼のベーシックインカム政策は、特に配当額の点で、プラスの見通しと成長の余地があると考えられている。 したがって、世界のユニバーサル・ベーシックインカムの支持者は、韓国の李在明(イ・ジェミョン)に注目すべきである。

 

李市長が次期大統領に選出され、ベーシック・インカム政策に関するキャンペーンの約束を果たしたならば、現在の所得や富の不平等、不公平な競争、不動産投機など韓国社会を脅かす多くの問題に取り組むことができるだろう。 そうすれば、韓国は包括的な成長の道を歩むことができ、最終的には公平で平等な社会につながるだろう。

 

http://basicincome.org/news/2017/02/korea-new-presidential-candidate-lee-jae-myung-promises-universal-basic-income/

ブノワ・アモンのベーシックインカム

2016年10月22日付けのBIENの記事を翻訳します。


フランス:社会党の予備選候補のブノワ・アモンがUBIをキャンペーンのキーの提案にする

 

benoit-420x277.jpg 


イヴリーヌ県選出のフランスの国会議員であるブノワ・アモンは、無条件ベーシックインカムを社会党(PS)の予備選キャンペーンのキー要素としている。

 

緑の党のすべてがベーシックインカムを支持しているが、アモンはこのアイデアを積極的に支持している唯一の社会党候補だ。

 

レ・エコ(Les Echos)の記事で、アモンはUBIを主張する主な理由のいくつかを示している。

 

「何千人ものフランス人が、厄介で不安定な仕事のために身体的、精神的な健康を犠牲にしなければならないということは受け入れられません。移行が必須であり、野心は大きい。将来、市民は長く続く不確実性から解放され、代わりにモビリティを選ぶことができます。将来、経済的および社会的に有用なすべての仕事のあり方は、一人の従業員または賃金労働を超えて、認識され評価されます。個人の価値と尊厳に対する権利は、GDPへの貢献に紐づけされないでしょう」

 

それに関連して、アモンは職業病としての「燃え尽き症候群」の認知運動を行っている。 「社会的対話と雇用に関する法律」は、昨年、このように燃え尽き症候群を初めて認め、アモンはさらに進歩することを望んでいる。

 

2016年、フランス人の20%が燃え尽きようとしていると言い、賃金労働者の70%は気づいていません」

 

また、UBIに関する彼の主張では、アモンは仕事の機械化の増加による失業リスクを強調している。彼が彼のウェブサイトで指摘しているように、

 

「欧州では、2000年から2010年にかけて、新技術の直接的な影響の下で760万の雇用が消滅した」

「労働力の10%が失業しているが、2025年までにフランスではデジタル化で最大300万件の雇用が失われる可能性がある」

 

さらに今日、フランスでは、15歳から24歳までの24%の人が失業している。 「若者は...もはや不安どころではないはず」とアモンは書いている。

 

アモンは、すべての成人に個別に無条件ベーシックインカムを分配することを提案している。彼は、「すべての市民が公共生活に参加して生活するのに十分な収入を得るために、その金額と資金は定期的に調整される」と述べた。

 

Benoit_Hamon-420x420.jpg 

アモンの内訳

 

アモンが提案するUBIプログラムの主な特徴は次のとおり。

 

すべての成人は月額750ユーロを受け取る。 これには年間3000億ユーロのかかる。 UBIは、住宅補助金180億ユーロ、社会福利費230億ユーロ、家族給付53,000万ユーロと一緒に存在する ベーシックインカムを強化し、フランスの社会的保護を減らすべきではないという理論的根拠がある。

 

アモンは税制改革を通じてベーシックインカム資金を調達する予定だ。所得税を個別化して240億ユーロ、税金逃れを塞いで840億ユーロ、脱税と戦うことで800億ユーロを見込んでいる。 彼はまた、他の適切な課税に加えて、富とデジタル技術に課税することを推奨している(彼は現在グーグルから16億ユーロの滞納税を要求しているフランス税務当局の例をあげている)。

 

ハモンは、富の概念、個人の価値、仕事の価値を経済(GDP)から社会的、文化的、教育的なものに変えたいと考えている。

 

9月の世論調査では選挙で投票しようとしている人の14%と16%がアモンを支持している。 社会党の大統領予備選挙は2017122日に開催される。

 

1018日、アモンは、コーヒーやドリンク付きの大きな対話集会に人々を招待した。アモンのキャンペーンは、フランスのUBIへの関心の高まりの一部だ。例えば、フランスの首相は、最近、ベーシックインカムに関する議論の扉を再び開けた。


http://basicincome.org/news/2016/10/france-socialist-primary-benoit-hamon/

愛国者に関する格言

国を愛するのは素晴らしいことだ。でも、どうして国境でとめてしまうのだろう?
パブロ・カザルス

国に争いが増えると、愛国者が栄える。
老子

愛国主義とは、つまらない理由で殺したり殺されたりする意欲のことである。
バートランド・ラッセル


愛国主義は、破滅的で、精神病的な愚行である。
愛国主義とは、この国は、私が生まれたから他の国より優れているという信念である。
人類から愛国主義を追放しない限り、決して静かな世界は得られない。
ジョージ・バーナード・ショー

人が国に対する愛を語るのは、決まって、それに報酬を期待するサインである。
H.L.Mencken

多くのタカリが国旗に助けられている。
George M. Cohan

愛国主義とは、功名心をもつ人のたいまつに差し出された燃えやすいゴミである。
アンブローズ・ビアス

愛国主義とは、ひきょう者の最後の隠れ家。
サミュエル ジョンソン

愛国主義というのは、どんな感じか知ってみると、ドアの外に放り出すべき汚い奴のようだ。
アーサー・ショーペンハウアー

国家は、政治と経済で大きな問題を抱える時、破れた愛国の旗を掲げて、臭い匂いをまき散らす。
レーニン

国のために嘘をつくことは、すべての愛国者の義務である。
アルフレッド・アドラー

国の利益のためには、時には、地獄に落ちるべき嘘をつく必要がある。
Hilaire Belloc 

神と国家は決して打ち負かすことのできないチームだ。彼らは、抑圧と殺りくのすべての記録を破る。
ルイス・ブニュエル

現実を見えなくする愛国主義に対して盲目であってはならない。誰が言おうが、間違っていることは間違っている。
マルコムX

自尊心のない人でも愛国的になれるし、恵まれない人のために大きなものをさし出すこともできる。彼らは自分の墓になる土を愛するかもしれないが、肉体に生命を与える精神にはまったく共感をもたない。愛国主義は、頭の中の気まぐれに過ぎない。
ヘンリー・デヴィッド・ソロー

私達が国を愛せるようになるには、国は素晴らしいものにならないといけない。
エドマンド・バーク

ガンジーの名言集

  • 幸福とは、考えること、言うこと、することが調和している状態である。
  • 私は人格をすべて表現するために自由を望む。
  • 間違いを犯す自由が含まれていないのであれば、自由は持つに値しない。
  • 弱者は決して許すことができない。許しとは強者の態度である。
  • 人間性に対する信頼を失ってはならない。人間性とは大海である。仮に大海の一滴が汚れていたとしても、大海そのものが汚くなるわけではない。
  • みたいと思う世界の変化に、あなた自身がなりなさい。
  • 行動の最中には静寂を、そして休息においては活気を学ばなくてはならない。
  • 土を耕すのを忘れるということは、自分自身を忘れることだ。
  • 報酬を求めない奉仕は、他人を幸福にするのみならず、我々自身をも幸福にする。
  • 尊厳を保つためには金は必ずしも必要ではない。
  • 精神性の最大の要素は「恐れない心」である。恐怖は精神を蝕む。
  • 恐怖に屈すれば、真実さえも抹殺されてしまう。自らが正しいと信ずることを恐れずに実行する。
  • 臆病者は数の力を喜ぶ。しかし、勇敢なる精神をもつ者は、一人戦うことを誇りとする。
  • 偉大な人は常に一人立つ。
  • もし、一人が最高の愛を成就するならば、それは、百万の憎悪を消すのに十分である。
  • 物事は、初めはきまって少数の人によって、ときにはただ一人で始められるものである。
  • 私の生き様こそ、私が伝えたい物である。
  • 死ぬ覚悟が出来ていれば、人は自由に生きられる。
  • 非暴力が人間の理法であるならば、未来は女性とともにある。

フランス大統領選挙とベーシックインカム

BIENより翻訳

フランス:アモンはベーシックインカム重視キャンペーンの後、社会党大統領候補になる

9203103266_a1f40e065f_z-420x280.jpg


フランス社会党は、今春の大統領選の候補者としてベーシックインカム推進する政治家であるブノワ・アモンを選出した。

左派政治家のブノワ・アモンは、ベーシックインカムの提案によってここ数カ月メディアの注目を集め、社会党の大統領候補指名を受けた。第1ラウンドで彼の驚きの勝利の後、彼はライバルと元首相マヌエル・ヴァルスを58.9%で41.1%小気味よく打ち破った。

「ユニバーサル・ベーシック・インカムは、仕事を自由にし、人々が実際に自分の仕事を選び、それで苦しまないツールだ」勝利が公になった後、支持者に対する彼のスピーチでアモンは語った。

アモンのキャンペーンの中心は、ユニバーサル・ベーシック・インカムの提案であり、彼は段階的に導入すべきだと主張している。

  • 導入として2018年には、18歳から25歳までの人々を対象とした収入調査なしのベーシックインカム。
  • 既存の失業および不完全雇用給付(RSA)を月600ユーロに引き上げる。
  • 適格者が申請しなければならない既存の制度(資格を有する者の3分の1が資格を受給していないことを意味する)を置き換えるために、こうした給付の自動支払いシステムを設置する。
  • すべての市民に対してベーシックインカムの究極に広げることの詳細を決定し、月額750ユーロへの支払いを増やすための市民会議を開始する。

BIENのフランス支部でフランス・ベーシックインカム運動(MFRB)のニコル・テケは、次のように述べています。「これアモンだけでなく、ベーシックインカムの構想にとっても美しい勝利です。この投票は、何十万人もの人々がベーシックインカムを政治討論の中心にしたいと思っていることを示しています。これは、3年前のこの構想への誤解と比べると、まさに進歩です!MFRBが他の団体と一緒に実施した擁護運動は、今日実りました」と彼女は述べた。MFRBは、政治的スペクトル全体でのベーシックインカムの迅速な導入を提唱し、大統領候補すべてにコンタクトした。ベーシックインカムは、フランスの他の地域と同様に人気のある構想であることが証明されており、昨年10月の上院では、政策を調査するパイロット・プロジェクトを要求する報告を発表した。

アモンは、このような姿勢をとる理由を説明するにあたり、自動化の進歩に伴い変化する仕事の性質についての議論に焦点を当てている。例えば、ル・モンドとのインタビューで、彼は次のように述べている。「すべての真剣な研究によれば、西洋経済で破壊されだした数十万の未熟練者または低技能の雇用者がいます。私たちはこの移行を管理し、デジタル革命が私たちに働きかけ、より良い生活を送るという驚くべき機会を最大限に活用しなければなりません」

この提案は、(以前の声明にもかかわらず)代わりに最悪の場合にのみ対象とする月額800ユーロの「妥当な所得」を提供した、ビジネスよりのヴァルスへの鋭い批判を引き出した。これには、フランスの福祉制度の簡素化が含まれるが、収入調査は維持する。

アモンの成功は、イギリスのジェレミー・コービンの成功と比較されている。どちらも政治的に中心になってきた政党内の社会主義的価値への復帰を表しているからだ。 アモンのプラットフォームには、ベーシックインカムの原資としてのロボット課税、労働時間の短縮、大麻の合法化も含まれている。

今、アモンはライバルとの大統領選に勝つための厳しい戦いに直面するだろう。社会党は、オランダ大統領の任命の下、大勢の支持者を失っており、今後の選挙では大きな敗者になると予想されている。

直近の世論調査によると、アモンは、国民戦線のル・ペン(25%)、保守の フィヨン(22%)、中道の マクロン(21%)の後ろで4位、15%の票しか集めていないが、急進左派メレンチョン(10%)の前にいる。 しかし、この推計は、社会党の候補になればアモンに最大6%の票にしかならないと予測していた以前の世論調査よりもはるかに高い。大統領選挙の第1ラウンドは4月23日に行われる。


http://basicincome.org/news/2017/01/france-hamon-becomes-socialist-party-presidential-candidate-following-basic-income-focused-campaign/


プロフィール

ささきのコジロー

Author:ささきのコジロー
商社・コンサルタント会社・デベロッパー・環境団体・政党などをわたって会社つくりました。少し物書きもしてるだワン!

最新記事
カテゴリ
レファレンダム・イニシアチブ
e-book
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR